2020年度1例会目【低学年ABコース】人形劇団ひとみ座「はれときどきぶた」

<2020年度1例会目>

【低学年ABコース】

『はれときどきぶた』

―人形劇団ひとみ座―

矢玉四郎 作 「はれときどきぶた」(岩崎書店刊)より

脚本・演出 西上寛樹

★★★きょうのてんきは はれときどきぶた でしょう★★★

奇想天外なお話が人形劇になって帰ってきた! 則安くんの書いた《あしたの日記》が次々と現実に。これって、まさか!?夢と現実の間で則安の見たものは、何? 三人の人形遣いが、ボサノバギターのリズムに乗せて繰り広げる、摩訶不思議な世界

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2020年8月30日(日)

*新型コロナウイルス感染症の影響により、6月14日(日)から変更になりました!

<会場>静岡市中央福祉センター 大会議室

<開場時間>13:15

<開演時間>13:30

<上演時間>60分

<対象>幼児~

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★★★ものがたり★★★

畠山則安。9歳。小学3年生。
則安は同い年の子に較べて特別背が高かったり、低かったり、かけっこが速かったり、
遅かったりするわけではない。
学校の成績も特別いいわけでもない。むしろちょっと悪い?
でも、則安が人に自慢できることがある。
それは日記を書くこと。

でも、お母さんがこっそりぼくの日記を読んでいる。
そして笑っている。
こうなったらお母さんをぎゃふんと言わせてやる。
そうだ、あしたの日記を書こう。

こうして書き始めた思いつきの“あしたの日記”が次々とありえない現実に。
トイレにへび、えんぴつのてんぷら、金魚がとびだしてアッカンベーをした。
そしてスマホの天気予報は何気なく告げた。
「今日の天気は、午後から はれときどきぶたでしょう。」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★★★ダイジェストをご覧いただけます★★★

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

静岡おやこ劇場に入会して、仲間と一緒にワクワクやドキドキを楽しもう♪

詳しくは、入会のご案内をご覧ください。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

**新型コロナウィルス感染防止対策について**

参加者の検温、マスク着用手指の消毒会場の換気、客席の間隔を空けるなどの対策を十分に行い実施します。