例会「六千人の命のビザ」終了しました~

【高学年Cコース選択/Dコース】

六千人ののビザ

ひとり舞台+ピアノ演奏

—ポカラの会—

杉原幸子著「六千人の命のビザ」(大正出版刊)による

<台本/演出> ふじたあさや

<出演> まつもとぎんこ・守光明子

2022年1月22日(土)

18:30~

しずぎんホールユーフォニア


中高生や青年、高学年活動部のみなさんは、早めに集まっておしゃべりをしたり、今後の活動の打ち合わせをしたりと、久し振りの例会を楽しんでいました♫

受付は、コロナ感染防止対策で今回もモギリはナシで名簿でのチェックでした。

座席は、付箋に座席番号が! 好きな座席を自分で選んで座ることができます。コロナ禍での新しいスタイルに取り組みました。とても好評でしたよ(^^)

事前に高学年例会部で調べた事前パンフなどの資料を拡大して会場にも掲載しました。

少し学習してから例会に参加すると、お話の内容が理解しやすいね!

ステージアピールは、やはりコロナ対策で代表の大人2人でさっくりと!

終演女優まつもとぎんこさん、ピアノ演奏守光明子さん

鳴りやまない拍手! 直ぐには座席を立つことの出来ない。。。そんな舞台でした。

アナウンス今回は影マイクでのアナウンスでした。ちょっとカッコいいね💖

搬出後の記念撮影~ぎんこさんたちは帰られてしまいましたが、最後までお手伝いしてくれたみなさんと、パチリ📸


ポカラの会のみなさま、例会当番の長田ブロックのみなさん、青年のみなさん、運営のみなさん、乗り入れで一緒に取り組んだ清水おやこ劇場焼津おやこ劇場のみなさん、関わって頂いた全てのみなさん、お疲れさまでした☕

新型コロナウイルスの感染が急速に拡大し、例会が開催できるのか心配されましたが、十分な感染防止対策を講じて予定通り取り組みました。いつ収束するのかわからないコロナウイルスの感染拡大ですが、掛け替えのない子ども時間を有意義に過ごせるように、これからも劇場のみなさんで考え、様々な活動に取り組んでいきたいですね。